Skip to content

早期教育の怖さ

by friendly-school on 10月 11th, 2017

【セミナー告知】
2017年10月21日(土)11:00〜13:00
会場:西荻フレンドリースクール
セミナー告知用バナー2017年10月固定ページ用画像
詳細ページ
トップ3%に入るための 4歳からの幼児教育セミナー
————————————-
こんにちは!
西荻フレンドリースクールが運営する
幼児教育支援ドットコム近野ゆみです。

厳しい暑さの夏も過ぎ
秋らしい天気になることが増えてきました。

芸術の秋やスポーツの秋などといいますが
私たちにとっては受験の秋となります。
埼玉県の受験を終え、つぎに神奈川、
そして東京都での受験を迎えようとしています。

これは同時に来年の受験まで
あと1年ということになります。
受験のみならず子供の教育は
早い時期から余裕を持って
取り組むことが大切です。

そこで今回は早期教育について
書きたいと思います。

早期教育と言うと
脳を早い年齢から鍛える事だと
考えられている方が
まだまだ多い様に思います。

早くに英語を習ったり
文字の読み書きができたり
漢字まで読める幼児もいます。

3歳4歳で論語まで読む子供もいて
驚きです。割り算掛け算も
スラスラできる幼児もいます。

一般の方は、そんな子供を見て
「なんてすごい子供でしょう。
頭が良くて将来何も苦労が無い
優秀な子供になるわね」と羨ましく思います。

しかしそのような事が出来るようにする事が
早期教育では無いと私は思っています。

例えば、幼児の時にスラスラ文字が読めて
本が読める子供は
なぜか文章の読解力が出来ません。

例えば
「あめがふっておんなのこはかさがなくてこまっています」
という文章を読んだ時に大人は
「雨が降って傘が無くて困っています」
と読みながらその状況を頭に浮かべながら読めますが
幼児が読む時は平仮名の文字を追っているだけで
点、丸、文章のまとまりまでは考えられません。

幼児の年齢では読みながら
意味を考える事が出来ないからです。

小学生になった7歳でやっと読みながら
内容を理解できる年齢になります。
そのため小学校では音読に力を入れます。

幼児期に計算問題でも足し算引き算が
スラスラ出来るといっても、足し引きを
記号で暗記して理解をしているので
増える問題だから + という記号を使うという
二つの事を幼児では理解が難しいようです。

「女の子があめを2個も持っていて
後からお母さんが3個持ってきて
そこから2個食べました」
と言う問題が受験問題によくでます。

この問題は2+3-2とは幼児は考えません。
幼児の時は2個丸を書き、更に3個丸を書き
そこから減るので2個斜め線で消して
また減るので2個手で隠して答えを書きます。
ブログ用[画像]
まず幼児期に増える減るの概念をしっかり身につけ
[増えるのは+減るのは-という記号]を
小学生になってからはじめて使うのが理想です。
これが計算を学ぶ順序です。

実際に幼児は「あげる」が減る事で
「もらう」が増える事だと
理解できていない子供も多いです。
その概念をとばして計算できるようにするのは
大変無理があります。

もっと幼児期には
やらなくてはいけない事が
沢山あります。

数も絵をパッと見て5個とか8個とか
直ぐに言える子供、
これも「すごーい見ただけで数がわかるなんて」と
一般の人は言います。

ではうちの子供もやってみようなんて思い
日々の子育ての中に取り入れる
お母様もいると思います。

しかし目でみてパッと当てる事が
素晴らしい事でしょうか?

幼児期から数当てだけをやっている子供が
数を一個一個地道に数えられるでしょうか?

数は感覚も時には必要な時もありますが
幼児期にその様な訓練をしていると
多い数になると真っ先に勘で言う様になります。

本当の天才はどんな数でも
100パーセント当てられるかもしれませんが
勘が良い子供は10までぐらいはできますが
12個13個あたりの微妙な数は当たらない事が多いです。

はじめのうちは4個でも5個でも
一個一個数える事をおすすめします。

次に早期教育で英語を習わせるご家庭も
多いとお思います。
2歳ぐらいから英語を始めたり
インターナショナルの幼稚園にいれて
将来英語に困らない様にしたいと
お考えの方もいます。

近い将来海外に住む予定のある方は別ですが
日本で日本人として生活するのに
幼児期からの英語は必要でしょうか?

まだ生まれて2年3年しか経っていない幼児に
二つの言語が小さな頭の中にはいって
言語の使い分けができるでしょうか?

日本を生活のベースとするには
まず母国語である日本語をきちんと
習得していかないと、日本語もわからない
英語もわからない子供になります。

以前に、2歳から英語を本格的に習い
日本語も英語も理解できず
何を語りかけても「I don’t know」のしぐさをする
インターの幼稚園に通っている幼児がいました。
西荻フレンドリースクール[blog画像]
特に早生まれの子供は
そうなる傾向が強いです。

ちょうど2歳は、言葉を喋り始める時期です。
早期教育と言って英語を習わせるご家庭がありますが
子供は英語を習得した分、日本語の習得が減り
結局は自分の言いたい事が言えず
イライラして友達、親を叩いたりする子供もいます。

それは乱暴な子供では無く
自分の想いを相手に伝える言葉が
出てこないからです。

常に幼児の頭の中に英語と日本語が
ぐちゃぐちゃになり処理できなくなり
結果的に日本語の語彙不足になるのだと思います。

海外生活の方で日本に帰国予定のある方は
より多くの日本語での会話を丁寧に
意識をして正しく家庭内で使う努力が
必要かと思います。

これらの早期教育がどれだけ
子供の発達のバランスを悪くしているか
お分かりになりましたでしょうか

しかし早期教育をすることは
必要だと私は考えます。

では本当に早い時期にやるべき事は
なんでしょうか?

例えばどんなに勉強ができて
頭が良くても、人の話が聞けない子供
コミュニケーションの取れない子供は
どうやって周りの人と信頼関係が
築けるでしょうか。

将来偉大な研究をする人は
頭が良いだけではなれません。

研究も時には失敗もします。
その時失敗の原因を考えることができないと
研究を先に進める事ができません。
それが問題解決能力です。
それも我慢して集中力を持って
考える事が大切です。

それができて初めて
素晴らしい発見ができます。

つまり幼児期に何よりも優先をしてやる事は
読み書き、英語、知能を高めるための
詰め込み教育ではありません。

我慢ができる事、物をを考えられる能力(思考力)
問題解決能力  豊かな語彙力を身につけ豊かな発想力、
表現する力を身につける事です。

そして何より、粘り強く
頑張れる子供にする事です。

「なんだ簡単な事」と思われがちですが
これらの事は短い期間では身につきません。

例えば2歳児では
「お友達のおもちゃが欲しいからと言って
お友達から無理やり取らない」
「お店のものをやたら欲しがるのを我慢させる。」
これが我慢を教える初期の段階です。

それが3歳になると
できる事楽しい事は喜んでやりますが
苦手な事、嫌な事はやらなくなります。

3歳では問題解決能力
嫌な事でもがまんをする
そして頑張る。

つぎの段階は4歳5歳です。
今度は今まで頑張ってできた事
に喜びを感じることができる年齢です。

この喜びの体験、達成感こそが
子供の一生の財産になります。

このように我慢する事
頑張る事を約6年かけて教えていきます。

しかし、中々それらを全部ご家庭だけで
躾けていく事は大変だと思います。

実は小学校受験の幼児教室は
詰め込み 早期教育とは違います。

年少クラスの3歳児には
まず苦手意識をなくし
苦手なものでもやる努力を経験して
3歳児では必要な語彙力を習得します。

年少クラスはバランスの良い発達を
目指します。

語彙力を3歳児で習得しているので
年中クラスでは、聴く力を養います。

そして年長クラスでは幼児期の
発達段階終了に向けて思考力、問題解決能力
発想力、コミュニケーション能力を身につけます。

その先にあるのが、小学校受験です。
早くから始める小学校受験の準備は決して
早期教育ではありません。

その年の発達段階を
クリアーしていくだけです。

子供の発達に合わせて
教育をしています。
小学校受験は特別な事ではありません。

公立小学校に行くご家庭でも
身につけなければいけない事が
たくさんあります。

小学校受験の項目には
ペーパーテストの準備として
集中して話しをきく事
思考力   運動テスト、巧緻性(はさみみきり)
おはしがつかえるかで豆つかみ
コミュニケーション能力を見るための
面接テストなどなどたくさんあります。

私立国立小学校に合格をいただく事で
両親の子育ても合格ということです。

6歳までにバランスの良い子供にする事が
最高の子育てであり、また将来の希望が持てます。

幼児教育は早ければ早いほど効果が上がります。
是非今一度、早期教育についてかんがえてみてください。
これでブログを終わりたいと思います。

来週の21日(土曜日)に開催するセミナーでも
より詳しいお話をしたいと思います。
詳細は下記をご参照くださいませ。
——————————————-
2017年10月21日(土)11:00〜13:00
会場:西荻フレンドリースクール
セミナー告知用バナー2017年10月固定ページ用画像
詳細ページ トップ3%に入るための 4歳からの幼児教育セミナー
すでにお申し込みが数件きております。
10名のみの定員なのでお早目にお申し込みくださいませ。

西荻フレンドリースクール受講コース紹介
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お知らせ
1.体験授業受付中
体験募集
西荻フレンドリースクール
小学校受験100%合格コース(体験授業受付中)
↑クリックで申込みフォームへ移動します。

体験授業対応コース
年長クラス(定員まで若干名受付中)・年中クラス・年少クラス・なかよしクラス(1歳6か月から)
注:2016年度年長は申込多数の為、早めに募集終了となる可能性が非常に高いです。

2.電子書籍のご案内
小学校受験100%合格法
2014年10月第2版発行

電子書籍告知ページ

【画像クリックで詳細ページに移動します】

第1部 ~理論編~

第1章.なぜ、小学校受験が必要なのか?
第2章.国立・私立小学校と公立校の違いは何か?
第3章.小学校受験の現状は?
第4章.自力で小学校受験合格は可能なのか?
第5章.保育園に通っている子は、小学校受験に不利なのか?
第6章.小学校受験に合格するための4つのポイントとは?
第7章.小学校受験専門・幼児教室の現状とは?

 

第2部 ~準備・実践編~

第1章. 私立国立小学校の問題と出題方法について
第2章.市販されている教材について
第3章.志望校の選び方
第4章.写真について
第5章.願書について
第6章.受験時の服装について
第7章.面接について

第3部 ~応用・実践編~

第1章.受験期間中の勉強法
第2章.合否の伝え方
第3章.合格後の過ごし方

無料レポート、第1版に大幅加筆!!
この電子書籍にはフレンドリースクールの幼児教育に関する
考え方、小学校受験にまつわる様々な情報を
全3部でまとめ上げました。

小学校受験では「合格」を手にするためだけに
時間を過ごすのではなく、
「合格」し小学校に入学後、
楽しく6年間を過ごすこと、
そしてその後も力強く生きていくための生きる力を
身に付けることが本当に大切なことだと思います。

kindleアプリがあればスマートフォンでもiPhoneでも、
手軽に見ることができますので
ぜひごらんください。
2015年よりPC,macでも利用可能となりました!

3.プリムスアカデミー
【小学生英語コース】
7月期&英検短期講座予約受け付け中
プリムスアカデミー 西荻窪校
——————————————

無料レポート
「小学校受験100%合格法」~開校以来24年間全員合格の秘訣~
西荻フレンドリースクールが毎年100%の合格率を保つための
教育方法や勉強方法、また現在の幼児教育、小学校受験の実態などを
余すところ無くまとめました。どなたでもダウンロードできますので、
是非ご覧ください。

「小学校受験100%合格法」無料ダウンロードはこちらから

追伸1:小学校受験コースの詳細情報は、こちらをご覧下さい。
小学校受験100%合格に関するノウハウを公開しています。
今年も全員合格したので、100%合格継続中です!
※幼児のお迎え、最大21時までのお預かりも可能なので
共稼ぎのご家庭でも安心して小学校受験の準備を進めることができます。

西荻フレンドリースクールの詳細についてはこちらから

追伸2:心の英才教育で小学校受験に100%合格させる極意
というメルマガを発行しています。2歳から6歳の子供を持つ
親御さんにとってお役に立てる情報を発信していますので
もし宜しければ、読者登録をお願い致します。

心の英才教育のメルマガはこちらから

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


何か具体的に聞きたい質問や悩み・不安などがありましたら

info@friendly-school.com

まで、ご連絡ください。

もちろん、匿名でも大丈夫です。

すべての質問、悩み、不安などに対して個別に
回答できないかも知れませんが、確実に読んで、
このブログのテーマとして取り上げ、あなたの
悩み・不安などを解決して行きたいと思います。

※ご連絡頂いた内容は、このブログのテーマとして
取り上げ、読者の方へシェアさせて頂く可能性もありますが
必ず匿名とし、個人が特定できないよう配慮致します。

西荻フレンドリースクール公式ホームページ
FriendlyNewHp
年中・年少クラス若干名募集中
問い合わせバナー
【体験授業のお問い合わせはこちら】

小学校受験100%合格コースはこちら

幼児教育コンサルタントブログ ”幼児教育支援.com”

twitter
twitter

Facebook
facebook2
facebook1

電子書籍・Kindle「小学校受験100%合格法」(amazon・Kindleにて発売中)
小学校受験100%合格法(amazonkindle)
第2版好評発売中

幼児教育100%合格研究会

空間認識力を高める「ロボット教室」

フレンドリースクール公式 子育て応援ラジオTakeOff
iPhone/スマートフォンでもご視聴いただけます。
(フレンドリースクール講師が「子育て」の話題を中心にお話しします。)
子育て応援ラジオTakeoff,friendlyschool
appstore ファミリー/キッズカテゴリー
番組ホームページ http://friendly-school.com/podcast/

フレンドリースクールがお届けする小学校受験専門メールマガジン

上記フォームから登録可能です。

問い合わせ先(西荻フレンドリースクール)
Mail info@friendly-school.com
電話 03-3390-0750

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ

[`evernote` not found]

From → 幼児教育

No comments yet

Leave a Reply

Note: XHTML is allowed. Your email address will never be published.

Subscribe to this comment feed via RSS