Skip to content

《小学校受験合格の為の幼児教育》~公立小学校・私立小学校の違い~

by friendly-school on 1月 16th, 2011

あけまして おめでとうございます!

西荻フレンドリースクールが運営する
幼児教育支援ドットコムの近野ゆみです。

お正月は、いかがお過ごしでしたか。
私も久々にのんびりできました。

フレンドリースクールも1月5日から
始まり、子供達も元気な顔を見せて
くれました。

ブログもだいぶご無沙汰をしてしまいました。
今回は、「公立小学校、私立小学校どっちに行く?」
をテーマに書きたいと思います。

子供の成長は早いもので、
6歳の春はすぐやってきます。
気がつくと桜の満開の季節が来て、
小学校の入学式を迎えます。

昔は、私立小学校に行く人が少なく、
ほとんどの子供達は公立小学校に
入学をしていました。

私も地元の公立小学校、公立中学、
都立高校へと進学をしました。
(私の子供達は、私立小学校 附属の中学、
私立高校と進学しました。)

現在は公立小学校、そして、
中学受験をして中高一貫教育に
進学されているご両親の世代が
多くなりました。

しかし、現在の公立小学校は
また、大きく変化をしています。
地域によっては、1クラス30人
で受験をしない子供が数名、残りの子供達
は塾に通い、中学受験をする子供達が
ほとんどです。

そのため、クラスでの会話が
塾での出来事の話が中心で、
学校が終わっても、皆塾に行くため
放課後遊ぶということがないようです。

公立小学校は基本的に、
成績が中位の子供から下の子供に
合わせて授業を行います。

そして全国一律、どの地域に
転校しても授業についていけるような
カリキュラムのため、子供が理解していなくても
次の課題に進んでいきます。

先生方も宿題を出したくても、特に
高学年になるほど、塾の勉強に
負担がかからないようにしています。

自由勉強という名目で、塾の勉強も宿題に
含まれるような配慮をしている
ところもあります。

また、塾に通っている子供達の中には、
塾は勉強するところ、学校は休憩するところと
考えている子供達も増えてきています。

その子供達が、塾のストレスを学校で発散し、
大あばれをして、学級崩壊をおこしている
ケースもあります。

担任の先生は子供達を押さえ切れず
学級崩壊の先生が逆に登校拒否になり、
担任不在のクラスとなっている学校もあります。

しかし、公立小学校は家から近い、
歩いて通える、費用が安いのが
最大メリットではあります。

それでは私立小学校はどうでしょうか?
家から遠い、電車バスを使った通学、
費用は施設費、授業料など
安くはありません。

でも、近年では私立小学校を希望する人が
多くなりました。それはなぜでしょうか?

私立小学校は公立小学校と違って、
先生方の転勤、移動がありません。

何年も同じ小学校で教えている
先生方が多いです。

卒業生が先生になっている
場合もあります。

先代の先生方が築き上げた校風、
伝統を守り子供達のために、
より良い学校作りをしています。

私立の小学校の先生方は少しでも
問題が起きると評判が落ち、受験生も
減少するという危機感をいつも持っています。

私立小学校はそれぞれに校風があり、
教育方針を持っています。

私立小学校では、学校説明会
見学会を実施していますので、
御家庭で子供に合った学校選びができます。

また、私立小学校は環境設備も充実しています。

実は、公立小学校で起きた悲しい出来事が
7年ぐらい前にありました。

公立小学校に入学したばかりの
小学1年生の女の子がプールの授業で
おぼれて亡くなりました。

公立のプールは高学年に
合わせているので小学1年生には
足がつきません。

授業では、プールの中の半分に台を置き
指導をしていたところ、女の子の足が台から
はずれて深い所に落ちておぼれて亡くなりました。

私立小学校では、そんな場合も考慮して
ほとんどの学校は、学年に合わせて
プールの底が上下に動くようになっています。

それだけでも安全をかなり考えた
設備になっている事がわかります。

また、登校時に正門を通過した時に
親の携帯にメールが入り、
帰りに正門を通過した時にもメールが
はいるようになっている学校もあります。

これも、ご両親にとっては、
安心できるサービスです。

まだまだ、私立小学校の良いところがあります。

勉強面では独自なカリキュラムがあり、
能力のある子供はその能力を
引き出す事ができ、少し勉強の苦手な子供には
補習もきちっとしてくれる学校もあります。

また、5年生までに小学校のカリキュラムを
全部終了し、6年生の1年間で小学生での
だいじな項目を再度やりなおす学校もあります。

プリントも私立小学校の先生方が共同で
作ったものを各学校で使ったりしています。

そのプリントは公立小学校で
使われている物よりは、
はるかに難しい教材です。

日記指導も先生方のコメントを
沢山書いていただけるので、
先生と生徒のコミュニケーションが
日記を通して行われます。

1年ごとに日記を編集して1冊の本に
まとめてくれる学校もあります。

子供にとっては、とても良い
思い出となっているようです。

公立小学校は、みんな同じが好まれます。
個性派の子供は、いじめられる傾向が
あるようです。

勉強が出来すぎる子供は
めだたないようにするのが大変だとも言っている
子供がいます。

しかし、私立小学校は宗教を
取り入れている学校、校風がきびしいところ、
校風が自由な学校、女子校 男子校、
中学校受験の準備ができる学校などがあります

そんな沢山ある学校の中から、
子供に合った学校を探すことができます。

小学校6年間は子供にとっては、
長い6年間です。

私は、いつも親御さんに言っているのは、
「学校で実際に生活するのは子供です」
ということです。

自分を素直に出すことができて、
居心地の良い学校を探してあげるのが
親の最初にする仕事だと考えています。

親の希望している学校、
有名校以外は受験しないなどと
言う親御さんがいます。

でも子供にとって、居心地が悪ければ
登校拒否にもなり、せっかく入学した学校も
行かなくなるケースがあります。

公立小学校は先生の移動も
2年、3年ごとにあります。

カリキュラムは全国一律同じで、
オリジナリティはありません。

公立の場合、先生の移動があるので、
その学校が良いかどうかは、
学校の中身ではなく、通ってきている
子供達の家庭環境が良いかどうかで決まります。

私立小学校は、先生方の転勤もないため
小学校を卒業して成人しても、
母校に帰れば、なつかしの恩師にあえる事
が多いです。

それはとても懐かしく、
学生時代を振り返る事の出来る
良さがあります。

現実、私の子供達は私立育ちのため、
今でも母校に帰れば小学校時代の
先生方に合う事ができます。

私は公立育ちのため、ほとんど、
恩師に出会うことがありません。

なんとなく子供達を羨ましく
思う時があります。

ぜひ、良い機会です。公立小学校が良いか、
私立小学校が良いかを
考えていただきたいなと思います。

少し長くなりましたが、学校選びに
参考になれば幸いです。

本日のブログは終わりにしたいと思います

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お知らせ
1.体験授業受付中
体験募集
西荻フレンドリースクール
小学校受験100%合格コース(体験授業受付中)
↑クリックで申込みフォームへ移動します。

体験授業対応コース
年長クラス(定員まで若干名受付中)・年中クラス・年少クラス・なかよしクラス(1歳6か月から)

2.電子書籍のご案内
小学校受験100%合格法
2014年10月第2版発行

電子書籍告知ページ

【画像クリックで詳細ページに移動します】

第1部 ~理論編~

第1章.なぜ、小学校受験が必要なのか?
第2章.国立・私立小学校と公立校の違いは何か?
第3章.小学校受験の現状は?
第4章.自力で小学校受験合格は可能なのか?
第5章.保育園に通っている子は、小学校受験に不利なのか?
第6章.小学校受験に合格するための4つのポイントとは?
第7章.小学校受験専門・幼児教室の現状とは?

第2部 ~準備・実践編~

第1章. 私立国立小学校の問題と出題方法について
第2章.市販されている教材について
第3章.志望校の選び方
第4章.写真について
第5章.願書について
第6章.受験時の服装について
第7章.面接について

第3部 ~応用・実践編~

第1章.受験期間中の勉強法
第2章.合否の伝え方
第3章.合格後の過ごし方

無料レポート、第1版に大幅加筆!!
この電子書籍にはフレンドリースクールの幼児教育に関する
考え方、小学校受験にまつわる様々な情報を
全3部でまとめ上げました。

小学校受験では「合格」を手にするためだけに
時間を過ごすのではなく、
「合格」し小学校に入学後、
楽しく6年間を過ごすこと、
そしてその後も力強く生きていくための生きる力を
身に付けることが本当に大切なことだと思います。

kindleアプリがあればスマートフォンでもiPhoneでも、
手軽に見ることができますので
ぜひごらんください。
2015年よりPC,macでも利用可能となりました!

3.プリムスアカデミー
【小学生英語コース】
プリムスアカデミーバナー[横長]
——————————————

無料レポート
「小学校受験100%合格法」~開校以来24年間全員合格の秘訣~
西荻フレンドリースクールが毎年100%の合格率を保つための
教育方法や勉強方法、また現在の幼児教育、小学校受験の実態などを
余すところ無くまとめました。どなたでもダウンロードできますので、
是非ご覧ください。

「小学校受験100%合格法」無料ダウンロードはこちらから

追伸1:小学校受験コースの詳細情報は、こちらをご覧下さい。
小学校受験100%合格に関するノウハウを公開しています。
今年も全員合格したので、100%合格継続中です!
※幼児のお迎え、最大21時までのお預かりも可能なので
共稼ぎのご家庭でも安心して小学校受験の準備を進めることができます。

西荻フレンドリースクールの詳細についてはこちらから

追伸2:心の英才教育で小学校受験に100%合格させる極意
というメルマガを発行しています。2歳から6歳の子供を持つ
親御さんにとってお役に立てる情報を発信していますので
もし宜しければ、読者登録をお願い致します。

心の英才教育のメルマガはこちらから

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


何か具体的に聞きたい質問や悩み・不安などがありましたら

info@friendly-school.com

まで、ご連絡ください。

もちろん、匿名でも大丈夫です。

すべての質問、悩み、不安などに対して個別に
回答できないかも知れませんが、確実に読んで、
このブログのテーマとして取り上げ、あなたの
悩み・不安などを解決して行きたいと思います。

※ご連絡頂いた内容は、このブログのテーマとして
取り上げ、読者の方へシェアさせて頂く可能性もありますが
必ず匿名とし、個人が特定できないよう配慮致します。

西荻フレンドリースクール公式ホームページ
FriendlyNewHp
年中・年少クラス若干名募集中
問い合わせバナー
【体験授業のお問い合わせはこちら】

小学校受験100%合格コースはこちら

幼児教育コンサルタントブログ ”幼児教育支援.com”

twitter
twitter

Facebook
facebook2
facebook1

電子書籍・Kindle「小学校受験100%合格法」(amazon・Kindleにて発売中)
小学校受験100%合格法(amazonkindle)
第2版好評発売中

幼児教育100%合格研究会

空間認識力を高める「ロボット教室」

フレンドリースクール公式 子育て応援ラジオTakeOff
iPhone/スマートフォンでもご視聴いただけます。
(フレンドリースクール講師が「子育て」の話題を中心にお話しします。)
子育て応援ラジオTakeoff,friendlyschool
appstore ファミリー/キッズカテゴリー
番組ホームページ http://friendly-school.com/podcast/

フレンドリースクールがお届けする小学校受験専門メールマガジン

[年長関連](夏期〜秋期)


夏期集中個別講座
小学生受験対策夏期講習バナー[横長]
西荻願書クリニックロゴa
面接特訓コース

上記フォームから登録可能です。

問い合わせ先(西荻フレンドリースクール)
Mail info@friendly-school.com
電話 03-3390-0750

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ 

[`evernote` not found]

From → 小学校受験

No comments yet

Leave a Reply

Note: XHTML is allowed. Your email address will never be published.

Subscribe to this comment feed via RSS