Skip to content

年中から始める小学校受験のメリット3(全3回)

by friendly-school on 2月 6th, 2014


こんにちは!
西荻フレンドリースクールが運営する
幼児教育支援ドットコム近野ゆみです。

一昨日は都内で雪が降りましたね。
幸いつもる事は無かったのですが、
今日も西荻窪はとても冷え込んでいます。

「年中からはじめる小学校受験のメリット」
について、前回のブログでは
数の問題、言語の問題について書きました。

少し日が開いてしまいましたが
今回は、前回に引き続き
常識問題についても「早くから始めるメリット」
がある事をお伝えしたいと思います。

小学校受験の常識問題では、季節の行事、昔話等が
よく出題されます。

最初に「季節」について書きたいと思います。
幼児は、季節感、季節毎の行事は
実際に体験をしないと覚える事が
できないようです。

春夏秋冬の季節が巡り
そしてまた春が来る。
これは当たり前のように思われています。
しかし、実際には理解していない子供もいます。

例えば、お話の記憶のテストの中で
「今のお話の次の季節は何か」
という問題がありました。

その問題は冬の話だったので
次の季節は春が正解です。
そして春の食べ物のタケノコの絵を
選ぶ問題でした。

しかし、夏のアサガオの花を
選んでいる子供もいました。
その子供に季節を聞いてみると
春夏秋冬の順番に季節がくること
を理解していませんでした。

お子さんに
「冬の次の季節は何?」「夏の前の季節は何?」
と質問をして見るのも良いかと思います。

小学校受験には一般常識として
季節、行事を理解することが求められています。

お正月、子供の日、クリスマス
ぐらいならば子供たちは知っていると思いますが
例えば「カーネーション」の絵があり
その季節は何かと聞かれるもんだいもあります。
すぐに季節がわかりますか?

答えは「母の日」にプレゼントをする花だから
春です。これが正解です。

それも小学校受験を意識している場合
しっかり母の日に「カーネーション」を
プレゼントをする体験がないと
「カーネーション」を見て直ぐに
幼児は季節が「春」だと理解できません。
父の日も同じです。

「七夕が夏」だということを
以外と理解していない子供が多いです。

受験を意識している場合には
笹を用意して、実際に短冊に願い事を書いて
家族で七夕をすると、子供は覚えます。

小学校受験の問題は全て絵で出題されます。
実際に「カーネーション」「コスモス」
「あじさい」など実物を見ないと
絵を見ても花の名前がわかりません。

花の名前がわからないと季節もわかりません。

「季節感」というのは実際に見たり
行事などは体験しないと
幼児は解らないものが多くあります。

他の行事でも節分、お月見、七五三等も
小学校受験では絵で出題されます。
お月見は、お団子を作りススキを飾って体験させ一言

「秋なんだよ」

と言って実際に見せなければ
「秋⇒お月見」と言うように
幼児は理解できません。

また、ストーブ、こたつ、そろばん
ホウキ、チリトリなど
最近家庭では見られないものも
多く出題されています。

年中の1月から始めても小学校受験本番まで
残り10ヶ月しかありません。

一番理解するのが難しい秋は
本番一ヶ月前になります。

10ヶ月間で全てを体験無しで教える事は
子供にとっても大変負担となります。

年少の11月から始めると本番の試験まで
季節毎の行事などは
2回(2年)は体験できます。

常識問題で季節以外でよく出題されるのは
「昔話」です。
外国、国内の昔話は沢山あります。

「毎晩本は読んでいるから大丈夫」
と安心されている家庭もあるかと思いますが
小学校受験を意識して読んでいるのと
そうではないのとでは、読むポイントがちがいます。

小学校受験の出題される昔話は
登場人物、話の展開が出ます。

例えば「白雪姫に出てくる人に丸をつけてください」
とか桃太郎の絵を見て「3番目の話に丸をつけてください」など
ストーリーが理解できないと解答ができない問題があります。

確実に物語の話の展開、登場人物
を理解する必要があります。

沢山ある昔話を10ヶ月で全て理解するのは
親子共に大変難しいと思います。

昔話も早くから準備をすることによって
2年かけて余裕を持ってできます。

早くから準備をすることのメリットは
年中に体験できなかった事を、
年長でもう一回体験できるチャンスがあることです。

2回に分けて「年中から始めるメリット」について
書いてきました。
ペーパー問題、体操、巧緻性、言語の力
など小学校受験に出題される項目は
沢山あります。

沢山の項目を子供が短期間で
身につけることは大変負担が大きくなります。
特に幼児は時間を沢山かけて
余裕を持って学ぶ事が親子共々
負担が少ないように感じます。

小学校受験を考えている方は
早めに準備を開始する事が合格の近道です。

受験を迷われている方でも
小学校受験の勉強は児童期へ向けての
準備にも大変役にたちます。

小学校受験の準備は早期教育ではなく
子供が成長して行く過程の中で必要不可欠な
勉強だと私は考えています。

前回に引き続き「年中から始めるメリット」
について書きました。
皆さんのお役に立てたでしょうか。

今日のブログはこれで終わります。

関連記事
年中からはじめる小学校受験のメリット(1)
年中からはじめる小学校受験のメリット(2)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
新着更新!

無料レポート
「小学校受験100%合格法」~開校以来24年間全員合格の秘訣~
西荻フレンドリースクールが毎年100%の合格率を保つための
教育方法や勉強方法、また現在の幼児教育、小学校受験の実態などを
余すところ無くまとめました。どなたでもダウンロードできますので、
是非ご覧ください。

「小学校受験100%合格法」無料ダウンロードはこちらから

追伸1:小学校受験コースの詳細情報は、こちらをご覧下さい。
小学校受験100%合格に関するノウハウを公開しています。
今年も全員合格したので、100%合格継続中です!
※幼児のお迎え、最大21時までのお預かりも可能なので
共稼ぎのご家庭でも安心して小学校受験の準備を進めることができます。

西荻フレンドリースクールの詳細についてはこちらから

追伸2:心の英才教育で小学校受験に100%合格させる極意
というメルマガを発行しています。2歳から6歳の子供を持つ
親御さんにとってお役に立てる情報を発信していますので
もし宜しければ、読者登録をお願い致します。

心の英才教育のメルマガはこちらから

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


何か具体的に聞きたい質問や悩み・不安などがありましたら

info@friendly-school.com

まで、ご連絡ください。

もちろん、匿名でも大丈夫です。

すべての質問、悩み、不安などに対して個別に
回答できないかも知れませんが、確実に読んで、
このブログのテーマとして取り上げ、あなたの
悩み・不安などを解決して行きたいと思います。

※ご連絡頂いた内容は、このブログのテーマとして
取り上げ、読者の方へシェアさせて頂く可能性もありますが
必ず匿名とし、個人が特定できないよう配慮致します。

西荻フレンドリースクール

小学校受験100%合格コースはこちら

幼児教育コンサルタントブログ ”幼児教育支援.com”

twitter
twitter

Facebook
facebook2
facebook1

電子書籍・Kindle「小学校受験100%合格法」(amazon・Kindleにて発売中)
フレンドリー電子書籍 小学校受験100%合格

幼児教育100%合格研究会

空間認識力を高める「ロボット教室」

問い合わせ先(西荻フレンドリースクール)
Mail info@friendly-school.com
電話 03-3390-0750

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ


From → 小学校受験

No comments yet

Leave a Reply

Note: XHTML is allowed. Your email address will never be published.

Subscribe to this comment feed via RSS