Skip to content

小学校受験準備のスタート時期

by friendly-school on 10月 15th, 2011

こんにちは!
西荻フレンドリースクールが運営する
幼児教育支援ドットコム近野ゆみです。

今日は「小学校受験はいつ頃から始めるのが一番良いか」
について書きたいと思います。

結論は「早ければ早いほど合格率は高くなります。」
早ければ早いほど、子供もお母さまも
精神的な負担が軽くなります。

ではどうして早い方が良いかについて
書いていきたいと思います。

小学校受験は中学高校受験と違い、
埼玉県、神奈川県の私立小学校は
10月に実施されます。
東京の私立小学校は11月に実施されます。

現在年中の子供は、来年の11月には
入学試験を受けるため
呼び名も来年の3月までは新年長と呼びます。
多くの幼児教室は年長クラスを
10月で終えて新年度を向かえます。

新年長は11月からスタートすれば
準備期間は1年あります。
新年中(現在年少)は2年あります。
新年少(現在3歳児)は3年あります。

では年長の10月末日までにどの様な事が身に付いていないと合格出来ないか?

:話しを聞く力(ペーパーの問題がテープで出題されるため)を身に付ける
2 :思考力を身に付ける
3 :自分の思った事考えた事が言葉で表現出来ること
4 :言葉のキャッチボールが出来ること
5 :体験したこと感じたことが絵で表現できる
6 :季節の行事、昔話などの一般常識が理解しているか。
7 :苦手な事やりたくない事でも我慢して頑張る力をもつている事
8 :協調性がありみんなと仲良く遊べる事
9 :子供らしい事
10:挨拶がきちっとできる事

少なくてもこの10項目は
出来るようになる必要があります。
実際にはまだまだあります。

こんなに沢山の項目を身に付けるためには、
準備期間が1年でも短いと思います。
特に早生まれ(1月2月3月生まれ)の子供は
新年長になるまでに話しを聞く姿勢、
自分で解答する力、言語力だけは身に付ける必要があります。

私の場合は、長男が3月生まれのため
2歳から幼児教室に通い始めました。
準備期間は3年でした。

お教室で理解出来なかった事は一週間かけて
復習をして必ず次の週には理解できるようにしてきました。
次男は7月生まれのため受験準備は3歳から始めました。
どちらも受験まで3年間準備をしました。

私はその3年間で先生の話しを聞く、
聞かれた事にきちんと答える
自分の考えを言葉で表現する。

そのためには読書指導をしました。
その間、切字の読み書きは教えませんでした。
興味を持った時は教える事はあっても
書かせる事はしませんでした。

特に自分で本を読んだり、
問題文を自分で読んで
自分で問題をやるとどうなるか?

私の経験では、聞く力が育たなくなります。
幼児期はともかく耳を使う事が大切だと思い、
読み書きは教えませんでした。

ペーパーの予習もしませんでした。
復習に力をいれました。
そして集中力を養うために、ピアノは習いました。

二人とも新年長になった時には話しを聞く姿勢、挨拶
きちっと椅子に座って勉強をする体制になり
難しい問題でも諦めずに頑張って考えるようになりました。

現在の西荻フレンドリースクールに在籍する、
今年の11月で新年長になる子供達も
椅子にきちっと座って話を聞く姿勢はできています。

この事からも、これだけ沢山の項目を身に付けようと思うと
準備期間は長ければ長いほど余裕を持ってできます。
年末は忙しいから、来年から始めるとちょうどよいと思われる方も多いと
思いますが、準備期間後10ヵ月です。年長になってから始められる方も
多いです。準備期間7ヵ月しかありません。

また、もしも夏休みから始めてしまったら、準備期間3ヵ月です。
とても合格までたどり着く事はできません。

特に私立小学校は「受験しようかな」と少しでも考えた時が
受験準備を始める時
だと思います。
まだ受験したい学校、通わせたい学校が決まっていないから
などと考える前に受験準備をした方が良いと思います。

受験を考えた時が、小学校受験準備のスタート時期です。
ぜひチャンスを逃さないようにしてください。

今日は小学校受験準備のスタート時期について書きました。
これで今日のブログを終わりにしたいと思います。

講座開講のご案内:
国立小学校受験・直前特訓コース

国立小学校受験をお考えの親御さんへ

21年間小学校受験100%合格ノウハウ
1週間という短期集中で学ぶコースを開講します!
国立小学校の受験専門短期集中講座なので
入室金なしで誰でも受講可能
しかも、お迎え・お預かり対応可能なので
フルタイム勤務の共稼ぎ家庭でも大丈夫です!

日程、その他詳しくは下記リンクからどうぞ。

国立小学校受験・直前特訓コースのお申し込みはこちら
模試のご案内:「弱点克服模試」
もう二ヶ月を切った受験本番!まだまだ完璧!といえる子は少ないでしょう。
フレンドリースクールの「弱点克服模試」は、どの学校を受けても対応できる
ような模試となっています。もちろん面接模試もあります。試験当日に先生からの
アドバイスももらえ、早めに対応できるようにするのがフレンドリースクールの模試の
特徴です。定員になり次第締め切りますので、お早めにどうぞ!

「弱点克服模試」のご案内はこちらから

新着更新!:無料レポート
「小学校受験100%合格法」~開校以来21年間全員合格の秘訣~
西荻フレンドリースクールが毎年100%の合格率を保つための
教育方法や勉強方法、また現在の幼児教育、小学校受験の実態などを
余すところ無くまとめました。どなたでもダウンロードできますので、
是非ご覧ください。

「小学校受験100%合格法」無料ダウンロードはこちらから

追伸1:小学校受験コースの詳細情報は、こちらをご覧下さい。
小学校受験100%合格に関するノウハウを公開しています。
今年も全員合格したので、100%合格継続中です!
※幼児のお迎え、最大21時までのお預かりも可能なので
共稼ぎのご家庭でも安心して小学校受験の準備を進めることができます。

西荻フレンドリースクールの詳細についてはこちらから

追伸2:心の英才教育で小学校受験に100%合格させる極意
というメルマガを発行しています。2歳から6歳の子供を持つ
親御さんにとってお役に立てる情報を発信していますので
もし宜しければ、読者登録をお願い致します。

心の英才教育のメルマガはこちらから


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

何か具体的に聞きたい質問や悩み・不安などがありましたら

info@friendly-school.com

まで、ご連絡ください。

もちろん、匿名でも大丈夫です。

すべての質問、悩み、不安などに対して個別に
回答できないかも知れませんが、確実に読んで、
このブログのテーマとして取り上げ、あなたの
悩み・不安などを解決して行きたいと思います。

※ご連絡頂いた内容は、このブログのテーマとして
取り上げ、読者の方へシェアさせて頂く可能性もありますが
必ず匿名とし、個人が特定できないよう配慮致します。

西荻フレンドリースクール

小学校受験100%合格コースはこちら

幼児教育コンサルタントブログ ”幼児教育支援.com”

twitter

Facebook

幼児教育100%合格研究会

空間認識力を高める「ロボット教室」

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ


From → 小学校受験

No comments yet

Leave a Reply

Note: XHTML is allowed. Your email address will never be published.

Subscribe to this comment feed via RSS