Skip to content
2017年 3月 16日 木曜日

【共働きと子育ての両立】お仕事で忙しくても幼児教室に通える理由

by friendly-school

こんにちは
西荻フレンドリースクールが運営する

幼児教育支援ドットコム近野ゆみです。

ここ最近、体験にいらした方から
お話を聞く機会が増えてきました。

そのお話の中で分かったこと

それは体験の方々は
授業のクラスの日程が
最重要課題になっているということです。

共働きの方は「土曜日なら通えます」または、
「木曜日が仕事が休みなので木曜日が良い」
など要望は様々です。

年少年中のお母様は
「年長になったら日程はどうなりますか」など
1年後2年後を心配した質問があります。

このように、日程重視で幼児教室を探すとなると
朝から晩まで勤務があったり、
休みも不定期の家庭の子供たちは保育園には通えても、
幼児教室には通えなくなります。
[素材]カレンダー

私も子育て時は仕事をしており、
幼児教育の大切さを良く知っていたので、
長男の時は自分の予定に合う教室を探すのが大変でした。

27年前に西荻フレンドリースクールを開講した時は
子供が小さく、私は実際に教えていなかったので、
いらしていただいた先生の予定に合わせて
日程が組まれていました。

そのため予定の折り合いがつかず、
結局通うことができなかったご家庭も
数多くいらっしゃいました。

このような状態は10年くらい続きました。

しかし10年ぐらい前から
息子二人も大きくなったので、
私も直接クラスを持ち
教えるようになりました。

ちょうどその頃です。
とある保護者の方から

「この時間なら通うことができます。
なんとかできないでしょうか」

と頼まれました。

「だったら私が教えれば
他の先生方に迷惑がかからない」と思い

お仕事などでご事情のあるご家庭には、
なるべくご希望の時間に合わせてクラスを作りました。

ご家庭の都合に合わせて調整をする

いわばオーダーメイドの授業です。

この仕組みは現在も生きていて
最近ではお仕事の忙しいご家庭に対応し、
木曜日19時始まりの夜間クラスを設けました。
(この講座は現在はありません)

当時の夜間クラスの生徒は
お母様の仕事が終わって
子供を迎えに行き、
品川から子供を連れて通って来ていました。

一年間通って今では年長クラスに在籍しています。

どうしても休みの取れないお母様にとって、
この夜間クラスはとても良い時間帯だったそうです。

普段よりも遅い時間の授業でしたが
1年間先生も頑張っていました。

しかし、それ以上に子供も頑張りました。

その結果、粘り強く諦めることなく
問題に取り組める子供に成長してがんばっています。

年長クラスで通えないと諦めて
年中時代に何もせず、
年長クラスから始める事を考えると
年中のうちに基礎をしっかり付けることが出来たことは
とてもよかったと思っています。

確かに時間には無理があったかもしれません。

しかし、年中時代に頑張って通った成果が
今、芽を出し始めています。

幼児期の教育のスタートは年長よりは年中
年中よりは年少から
年少よりは3歳から
つまり早ければ早いほど望ましいと思います。

「幼児教育が我が子には必要」だと
気がついた時がはじめ時です。

もちろん早く気がついて始めた方は
年齢相応に積み重ねがあり、
伸び方も全く異なります。

とはいえその「時期」が早期に訪れないご家庭もあります。

年長の3月や6月にふとしたきっかけで、
「小学校受験をしてみようか」と思い、
お教室に問い合わせると
「遅くなった分お母様が頑張らなくてはね」
と厳しい返答が
「あーやっぱり遅いのか」
と無理だと考えてしまうことも
当然だと思います。

しかしその「断念」という選択は「一生ものの選択」になります。

子供にとって生まれて初めての大きな可能性とチャンスを
無駄にしてることになるともいえます。

短期間での準備、
もちろん「努力」は必要ですが
私は気がついた時がスタートだと考えています。

実際、西荻フレンドリースクールの生徒さんの中には
これまで幼児期の勉強など全く手を付けない状態で
受験を思い立ったのが試験直前の8月、
そのため他の幼児教室に問い合わせても「遅すぎます」と
断られてしまった子供がいました。

私は

「体験の次の日から通うだけの
親の頑張りがあればお引き受けします。」

「あと入試まで3ヶ月家での勉強は必要ありません。
そのかわりしっかり教室に連れて来てください。」

それだけをお願いしたところ、
その方は少し考えて「明日からきます」と言いました。

本当に来るのかなと思っていましたが、
次の日、その子は朝からきていました。

フレンドリースクール

お母様の頑張りに応えるため、
残り3ヶ月は無駄のないカリキュラムを組み、
必要な事柄をしっかりと教えました。

すると着々と伸びていき、
最後は成蹊小学校から
合格をいただくことが出来ました。

今では大変楽しく小学校に通っています。

私たちもとても大変でしたが
「ここに任せよう」とお母様が決意し
一生懸命通ったご家族の選択がもたらした
結果の合格だと思います。

「絶対無理」などと言う言葉は簡単に言ってはいけません。

スケジュールで諦めてしまう事は
本当にもったいない事です。

そのご家庭の「合格をしたい」という強い思いがあるからこそ、
私達講師はそれに応えたいと思うのです。

私と副所長は毎日、月から土まで教室に
来ている事もあって、常に授業が出来る体制になっています。
(もちろん、定員には限りがありますが)
そのため授業を組む時の基準は生徒に重きを置いています。

自分達でいうのも不思議ですが
こんな自由に予定が組める幼児教室はなかなか
探してもないのではないでしょうか。

どんな予定にも合わせられる幼児教室。
それが西荻フレンドリースクールです。

通常のお教室では
「年少クラスは何曜日の何時」など
あらかじめ決められた日に来れなければ
授業が受けられない事になります。

私も子育てをしながら
ピアノを教えたり
音楽教室のシステム講師をしていたのて、
いざ自分の子供を幼児教室に通わせようと
想い、問い合わせてみると
「年中クラスは〇曜日の〇時からです」と
言われ、わたしの仕事の都合と重なり
通わせたくても通わせられなかった事がありました。

まさにスケジュールの壁に
ぶつかっていました。

でも私の場合、幸いにして母がいたので
息子たちは教室に通ったり習い事に
連れていってもらうことができました。

ところが現在は核家族が多く
祖父母・親戚も近くにいないご家庭が増えてきました。

そうすると通わせたくても、
教室の時間に合わずに
利用を断念する場合が多々出てきます。

西荻フレンドリースクールも
かつては他の教室と同じように
レッスンスケジュールは決まっていました。

しかしそんな中で、
入会したくても、
時間が合わないために
入会を断念していただくことがありました。

どうしたら沢山の子供たちに、
幼児教室を受講してもらえるか
深く考えているうちに
この仕組みが出来上がりました。

ご家庭の希望を聞いて、
「う~んなんとか私達が、頑張れば見てあげられるかな」
試行錯誤していくうちに、気が付けばいろんな時間帯に
クラスが出来てしまいました。

実はフレンドリーのすごい所はもう一つあります。

それは「臨機応変」な対応にとても強いということです。

たとえば、2歳児対象のなかよし教室。
この講座は月4回、1回1時間のレッスンです。

しかし、2回休んでしまい、更にどうしても
他の曜日に振り替えができないときは
次以降のレッスンでは
休んだ分(2回分=120分)を分割して
来たときに90分にしてレッスンをします。
補講,幼児教室,西荻フレンドリースクール

もう一つだけ例を挙げましょう

仕事の都合で両親とも保育園に帰りのお迎えの時間に
間に合わないご家庭があります。

そんなご家庭からは
「明日、何時でもいいのてお迎えをして
フレンドリーにおいといてください」と頼まれます。

そんな時は私たちがフレンドリーに向かう途中に
そのお子様のお迎えをして
フレンドリーにつれてくることもあります。

「誰もおむかえができなければ、
親も子供も困るかな」と思い
お迎えに行ってあげることもあります。

通常のお教室ではとてもこんなことはできないと思います。

なぜフレンドリーはそんな臨機応変な事ができるか。

先ほども書きましたが
教室には所長の近野と副所長が常駐しているからです。

常駐とは、住んでるわけではありませんが
教室の開講日にはほぼ必ず私たちがいるようになっており、
どんなことがあっても授業を展開できる体制になっています。

そのため、いつも私達の手帳は
子供たちのスケジュールでいっぱいです。

それは、ひとりでも多くの子供に
小学校生活の6年間を楽しく幸せに過ごしてもらいたい
という願いがあるからです。

お仕事やご家庭の都合で
第一歩をためらっているようでしたら
ぜひフレンドリースクールにご相談ください。

私たちは「頑張る」気持ちを
強く受け止めます。

新年度を前にして、既に授業の
予定でぎっしりのスケジュール帳ですが
まだ少しだけ余白があります。

このブログを読んだことを
「きっかけ」にしてみても
良いと思います。

ご連絡をお待ちしています。

それでは今日のブログを終わりにしたいと思います。

先の記事でもお知らせしましたが
今月は小学校受験のセミナーを二回開催します。
詳細は下記のリンクよりご確認ください。

【セミナー】2017年3月18日,31日 開催決定【受付中】
西荻フレンドリースクール,セミナー,幼児教室

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お知らせ
1.体験授業受付中
体験募集
西荻フレンドリースクール
小学校受験100%合格コース(体験授業受付中)
↑クリックで申込みフォームへ移動します。

体験授業対応コース
年長クラス(定員まで若干名受付中)・年中クラス・年少クラス・なかよしクラス(1歳6か月から)
注:2016年度年長は申込多数の為、早めに募集終了となる可能性が非常に高いです。

2.電子書籍のご案内
小学校受験100%合格法
2014年10月第2版発行

電子書籍告知ページ

【画像クリックで詳細ページに移動します】

第1部 ~理論編~

第1章.なぜ、小学校受験が必要なのか?
第2章.国立・私立小学校と公立校の違いは何か?
第3章.小学校受験の現状は?
第4章.自力で小学校受験合格は可能なのか?
第5章.保育園に通っている子は、小学校受験に不利なのか?
第6章.小学校受験に合格するための4つのポイントとは?
第7章.小学校受験専門・幼児教室の現状とは?

 

第2部 ~準備・実践編~

第1章. 私立国立小学校の問題と出題方法について
第2章.市販されている教材について
第3章.志望校の選び方
第4章.写真について
第5章.願書について
第6章.受験時の服装について
第7章.面接について

第3部 ~応用・実践編~

第1章.受験期間中の勉強法
第2章.合否の伝え方
第3章.合格後の過ごし方

無料レポート、第1版に大幅加筆!!
この電子書籍にはフレンドリースクールの幼児教育に関する
考え方、小学校受験にまつわる様々な情報を
全3部でまとめ上げました。

小学校受験では「合格」を手にするためだけに
時間を過ごすのではなく、
「合格」し小学校に入学後、
楽しく6年間を過ごすこと、
そしてその後も力強く生きていくための生きる力を
身に付けることが本当に大切なことだと思います。

kindleアプリがあればスマートフォンでもiPhoneでも、
手軽に見ることができますので
ぜひごらんください。
2015年よりPC,macでも利用可能となりました!
——————————————

無料レポート
「小学校受験100%合格法」~開校以来24年間全員合格の秘訣~
西荻フレンドリースクールが毎年100%の合格率を保つための
教育方法や勉強方法、また現在の幼児教育、小学校受験の実態などを
余すところ無くまとめました。どなたでもダウンロードできますので、
是非ご覧ください。

「小学校受験100%合格法」無料ダウンロードはこちらから

追伸1:小学校受験コースの詳細情報は、こちらをご覧下さい。
小学校受験100%合格に関するノウハウを公開しています。
今年も全員合格したので、100%合格継続中です!
※幼児のお迎え、最大21時までのお預かりも可能なので
共稼ぎのご家庭でも安心して小学校受験の準備を進めることができます。

西荻フレンドリースクールの詳細についてはこちらから

追伸2:心の英才教育で小学校受験に100%合格させる極意
というメルマガを発行しています。2歳から6歳の子供を持つ
親御さんにとってお役に立てる情報を発信していますので
もし宜しければ、読者登録をお願い致します。

心の英才教育のメルマガはこちらから

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


何か具体的に聞きたい質問や悩み・不安などがありましたら

info@friendly-school.com

まで、ご連絡ください。

もちろん、匿名でも大丈夫です。

すべての質問、悩み、不安などに対して個別に
回答できないかも知れませんが、確実に読んで、
このブログのテーマとして取り上げ、あなたの
悩み・不安などを解決して行きたいと思います。

※ご連絡頂いた内容は、このブログのテーマとして
取り上げ、読者の方へシェアさせて頂く可能性もありますが
必ず匿名とし、個人が特定できないよう配慮致します。

西荻フレンドリースクール公式ホームページ
FriendlyNewHp
年中・年少クラス若干名募集中
問い合わせバナー
【体験授業のお問い合わせはこちら】

小学校受験100%合格コースはこちら

幼児教育コンサルタントブログ ”幼児教育支援.com”

twitter
twitter

Facebook
facebook2
facebook1

電子書籍・Kindle「小学校受験100%合格法」(amazon・Kindleにて発売中)
小学校受験100%合格法(amazonkindle)
第2版好評発売中

幼児教育100%合格研究会

空間認識力を高める「ロボット教室」

フレンドリースクール公式 子育て応援ラジオTakeOff
iPhone/スマートフォンでもご視聴いただけます。
(フレンドリースクール講師が「子育て」の話題を中心にお話しします。)
子育て応援ラジオTakeoff,friendlyschool
appstore ファミリー/キッズカテゴリー
番組ホームページ http://friendly-school.com/podcast/

フレンドリースクールがお届けする小学校受験専門メールマガジン

上記フォームから登録可能です。

問い合わせ先(西荻フレンドリースクール)
Mail info@friendly-school.com
電話 03-3390-0750

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ

2017年 3月 3日 金曜日

小学校受験のお話なんでもお伝えします。

by friendly-school

こんにちは!
西荻フレンドリースクールが運営する
幼児教育支援ドットコムの近野ゆみです。

早いもので3月になりました。
次の小学校受験(都内)まではあと9か月となります。

さて、今回は3月に2回行うセミナーのご案内を
したいと思います。

年長、年中のお子様をお持ちの方の中には
そろそろ幼児教室をとお考えの方も多いのでは
ないでしょうか。

中には
 「受験なんて私とは無関係の話」
「自分の子供に受験なんて絶対に無理」
「今、保育園で問題児扱いされていて受験どころではない」

など自分の子供を小学校受験させるかどうか
迷っている方もいると思います。

わが子が6年間通う学校選び。

人生で最初の「進学」義務教育のスタートです。
6歳から始まる義務教育の12年間はとても
子供にとっても重要な期間だと思います。

12年間を、公立にするか、私立、国立の小学校にするかの選択は大切だと思います。

今では、小学校からインターナショナルスクールという選択もあります。
しかし、それぞれの学校の特色を知らないと、
選択もできないと思います。

では、その特色をどうやったら知る事ができるでしょうか?

国立の小学校は、比較的きちんと特色を説明する説明会を開いています。

聞きに行かれる方は多大な期待を持って行かれているようですが、
よく話を聞くと学校側は「実験校です。それをご理解して入学してください」
言いたかったようです。

しかし、普通のご家庭が「実験校」と言われて、
実際に、その言葉が、なにを意味するか、
子供達にどんな影響があるかは理解できないと思います。

また「実験校」である国立小学校での父兄として
どうやって先生方と共存していくか、
これも私立小学校とは対応が違います。

ほとんどのご家庭が進学する、公立小学校にも驚きの事実など、
とてもブログでは書けないような事がたくさんあります。

昨年の出来事ですが公立の小学校に
通っている生徒に問題が起き、
その問題の解決策の対応の悪さにその公立の
校長と担任を、私は許すことができませんでした。

その子供を守るために私は教育委員会とも話し合いを重ね、
授業見学にも行きました。

その時に衝撃な事実を目の当たりにしました。

全部の学校がとは思いませんが、同じ教育に携わっている私にはショックでした。
本当の公立の事情を知り自分の子供が公立でやっていけるタイプなのかどうかを
セミナーを通して判断していただければと思います。

公立の今の現状を知らずに「こんなはずではなかった」と後で
後悔だけはして欲しくないと思い、このようなセミナーを企画しました。

またインターナショナルスクールに進学するメリットデメリットについても
今回のセミナーでお話できたらと考えています。

今回のテーマで2月に行った時、
参加されたお母様方は、私の話を聞いて事実を知り、驚いていました。

普通のお母様方は、周りからの情報は聞いていても、
今現在何が教育現場で起きているかを知らない方が多いようです。

ではなぜ、西荻フレンドリースクールには沢山のそして最新の情報があるか?

実はフレンドリースクールには幼児部の他に小学部もあるのです。
そこでは実際に公立に通っている生徒、
幼児教室卒業生で各私立小学校に通っている生徒、
国立小学校に通っていた生徒が多数います。

今現在在籍している小学校の情報がリアルタイムにわかります。

生徒が通う小学校には私立の小学校も沢山あります。

私立は特別な子供が行くのではないです。
経済的にも月謝の高いところから
安いところなど沢山あります。

しかし公立小学校以外はどんな小学校でも入試があります。
準備無くしての合格は難しいようです。

まだ子供には自分の将来が決めることはできません。
その分、親が義務教育を国立小学校にするか、
公立小学校にするか、私立の小学校にするかは大切な選択です。

その選択に少しでもお父様お母様方のお役に立てればと思い、このセミナーを企画しました。

特に4月に年長になる方は迷っている間にも時間はどんどん過ぎていきます。

浪人できない小学校受験では一回しかチャレンジできません

やり直しがききません。

もし公立小学校に入ってから「やっぱり私立にすればよかった」などと
思っても、編入試験を実施している学校はわずかで簡単には出来ません。 

また今回はのセミナーでは
「小学校受験の真実」についてもお話ししたいと思います

小学校受験の真実を知らないまま
試験日を迎えることもあります。

今回のセミナーではそんな
「小学校受験の真実」についてもお話をしたいと考えています。

人数を限定してお伝えしようと思っております。

こちらのセミナー、2月も同じテーマで一度開催したのですが参加された方からは

「これまで知らなかった情報を教えて頂き驚きの連続でした」
「公立、国立、私立の差がよくわかりました」などの

感想をいただいています。

2月のセミナーで日程が合わなかった方々から
ぜひもう一度開催してほしいとのリクエストがありましたので
今月改めてお話する場を設けることにしました。

1日目は3月18日、土曜日の午前中です。

そして2日目は3月31日18:00~
プレミアムサンデーの日です。

どちらのセミナーでも
おいしいコーヒー、紅茶を用意しております。

ぜひ余暇の時間を有効活用していただき
子育ての悩みを共有しませんか?

2時間のセミナーの後には
質問タイムも設けてあります。

受験の事、育児の事、
聞いていただいたことにはなんでもお答えします。

ぜひたくさんの質問を用意して参加してください。
みなさまのご参加をお待ちしています。

なお、早割は3月3日本日までとなりますのでお気をつけください。

詳細は下記のリンクよりご確認ください。

【セミナー】2017年3月18日,31日 開催決定【受付中】
西荻フレンドリースクール,セミナー,幼児教室

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お知らせ
1.体験授業受付中
体験募集
西荻フレンドリースクール
小学校受験100%合格コース(体験授業受付中)
↑クリックで申込みフォームへ移動します。

体験授業対応コース
年長クラス(定員まで若干名受付中)・年中クラス・年少クラス・なかよしクラス(1歳6か月から)
注:2016年度年長は申込多数の為、早めに募集終了となる可能性が非常に高いです。

2.電子書籍のご案内
小学校受験100%合格法
2014年10月第2版発行

電子書籍告知ページ

【画像クリックで詳細ページに移動します】

第1部 ~理論編~

第1章.なぜ、小学校受験が必要なのか?
第2章.国立・私立小学校と公立校の違いは何か?
第3章.小学校受験の現状は?
第4章.自力で小学校受験合格は可能なのか?
第5章.保育園に通っている子は、小学校受験に不利なのか?
第6章.小学校受験に合格するための4つのポイントとは?
第7章.小学校受験専門・幼児教室の現状とは?

 

第2部 ~準備・実践編~

第1章. 私立国立小学校の問題と出題方法について
第2章.市販されている教材について
第3章.志望校の選び方
第4章.写真について
第5章.願書について
第6章.受験時の服装について
第7章.面接について

第3部 ~応用・実践編~

第1章.受験期間中の勉強法
第2章.合否の伝え方
第3章.合格後の過ごし方

無料レポート、第1版に大幅加筆!!
この電子書籍にはフレンドリースクールの幼児教育に関する
考え方、小学校受験にまつわる様々な情報を
全3部でまとめ上げました。

小学校受験では「合格」を手にするためだけに
時間を過ごすのではなく、
「合格」し小学校に入学後、
楽しく6年間を過ごすこと、
そしてその後も力強く生きていくための生きる力を
身に付けることが本当に大切なことだと思います。

kindleアプリがあればスマートフォンでもiPhoneでも、
手軽に見ることができますので
ぜひごらんください。
2015年よりPC,macでも利用可能となりました!
——————————————

無料レポート
「小学校受験100%合格法」~開校以来24年間全員合格の秘訣~
西荻フレンドリースクールが毎年100%の合格率を保つための
教育方法や勉強方法、また現在の幼児教育、小学校受験の実態などを
余すところ無くまとめました。どなたでもダウンロードできますので、
是非ご覧ください。

「小学校受験100%合格法」無料ダウンロードはこちらから

追伸1:小学校受験コースの詳細情報は、こちらをご覧下さい。
小学校受験100%合格に関するノウハウを公開しています。
今年も全員合格したので、100%合格継続中です!
※幼児のお迎え、最大21時までのお預かりも可能なので
共稼ぎのご家庭でも安心して小学校受験の準備を進めることができます。

西荻フレンドリースクールの詳細についてはこちらから

追伸2:心の英才教育で小学校受験に100%合格させる極意
というメルマガを発行しています。2歳から6歳の子供を持つ
親御さんにとってお役に立てる情報を発信していますので
もし宜しければ、読者登録をお願い致します。

心の英才教育のメルマガはこちらから

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


何か具体的に聞きたい質問や悩み・不安などがありましたら

info@friendly-school.com

まで、ご連絡ください。

もちろん、匿名でも大丈夫です。

すべての質問、悩み、不安などに対して個別に
回答できないかも知れませんが、確実に読んで、
このブログのテーマとして取り上げ、あなたの
悩み・不安などを解決して行きたいと思います。

※ご連絡頂いた内容は、このブログのテーマとして
取り上げ、読者の方へシェアさせて頂く可能性もありますが
必ず匿名とし、個人が特定できないよう配慮致します。

西荻フレンドリースクール公式ホームページ
FriendlyNewHp
年中・年少クラス若干名募集中
問い合わせバナー
【体験授業のお問い合わせはこちら】

小学校受験100%合格コースはこちら

幼児教育コンサルタントブログ ”幼児教育支援.com”

twitter
twitter

Facebook
facebook2
facebook1

電子書籍・Kindle「小学校受験100%合格法」(amazon・Kindleにて発売中)
小学校受験100%合格法(amazonkindle)
第2版好評発売中

幼児教育100%合格研究会

空間認識力を高める「ロボット教室」

フレンドリースクール公式 子育て応援ラジオTakeOff
iPhone/スマートフォンでもご視聴いただけます。
(フレンドリースクール講師が「子育て」の話題を中心にお話しします。)
子育て応援ラジオTakeoff,friendlyschool
appstore ファミリー/キッズカテゴリー
番組ホームページ http://friendly-school.com/podcast/

フレンドリースクールがお届けする小学校受験専門メールマガジン

上記フォームから登録可能です。

問い合わせ先(西荻フレンドリースクール)
Mail info@friendly-school.com
電話 03-3390-0750

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ

2017年 2月 21日 火曜日

「声掛けと対話」の違い

by friendly-school

ブログバナー2017年2月22日
こんにちは!
西荻フレンドリースクールが運営する
幼児教育支援ドットコムの近野ゆみです。

子供との生活の中でこれだけはやめてほしいと思い、
注意をする事があると思います。

しかし、なかなか子供は言う事を聞いてくれません。
親としては本当に困りますよね。
今回はどのようにしたら子供が言うことを聞くように
なるかについて書きたいと思います。

親の注意を聞いてもらいたい場合の
一番の方法としては、実は「声かけと対話」
繰り返し行う事だと考えます。

では「声かけ」とは何でしょうか?
「対話」とはどのように行うかをこれからご紹介します。
実は「声かけ」と「対話」は一緒にはできません。

上手に交互に使い分けをして子供に注意をすると効果があります。

しかし、怒ったり注意をしたりするときに
今のは「声かけ」今のは「対話」など意識をしてはいないと思います。

しかしあえて自分への意識が必要ではないかと私は考えます。
しかしどのような事が「対話」で、
何が「声かけ」かを親が理解するのは難しいです。

実は「対話」は相手とのコミュニケーション、
「対話」は言葉のキャッチボールの事です。

「声かけ」は大人から子供への一方通行の会話の事です。

実際、何回注意しても大人の言うことを
聞かないという場合があります。

それがまさに、「声かけ」だけしかしていないからです。

「声かけ」だけでは、子供が聞き流す事があります。

例えば幼児の場合「たたいちゃダメ」と言われると
親の言う通りに一度はやめても、何回も繰り返します。

その度にまた「叩いたらダメでしょ」というとやめる。

でも、また叩くの繰り返しです。
これは大人がダメというからやめるだけの事です。

これが大人から子供への一方通行の「声かけ」です。

小学生の場合でも同じです。
「勉強しなさい」というと
「ハイハイうるさいな。わかったよ」で終わります。

返事だけで、なかなかやろうとしない。

これもまた繰り返し何回も「勉強しなさい」を言う事になります。

「こんなに注意しているのになんでやめないんだろう」
「なんで勉強しないのかしら」と親は悩みます。

それは「対話」が無いからです。

何回も同じ行為をした時にこそ
「対話」が必要になります。

では具体的に「対話」について書きたいと思います。

「対話」とは一方通行の会話ではなくて、
お互いにコミュニケーションをとることです。

例えば幼児が人をたたいた時に
「たたいてはダメ」と一度は声かけをしますが、
なぜお母さんが「たたいてはダメ」と言って
いるのかを、子供に聞きます。

たたいたら相手の子供はどうなるか?

そして叩いた相手が怪我をする事も言って、
「あなたはどう思うか?自分が叩かれたら
どんな気持ちになるか?自分もたたかれたいの」
子供に問いかけてみます。

そして最後に「ではどうしたらよいか」
と子供に聞き最後に子供自身から直接
「たたいたらダメだ」「たたいたら怪我をする」というように、
親と対話を通して事の成り行きを理解させる事が大切です。

今世間で色々な事件も多く起こっています。
自分のとった行動がその後の自分の人生がどうなるか。

相手はどんな気持ちになるか、
自分がされたらどうなのか
被害を受けた家族はどんな思いになるかを
考える力が足りないから、悲しい事件が後をたたないのだと思います。

行動を起こしたその後のなりゆきを考える力は
10歳ぐらいまでには身につけてほしいと思います。

注意だけの声かけでは無く対話を通して、
自分の行動が先々どのようになるか、
だからやめたほうが良いということの流れを
小さい時から学ぶべきだと思います。

そのためには「声かけ」「対話」を親または
大人が繰り返していく忍耐が必要です。

小学生の場合でも同じです。

なぜ勉強するかを子供とよく話し合い、
子供がある目標を見つければそれに向けて勉強をします。

しかし小学生、中学生は幼児とは違って、
納得がいくまでには親は幼児の時以上の忍耐を必要とします。

「声かけ」だけでは子供が聞き流す場合があります。

そこに対話もとりいれ、どうしてそのような行動をするのかなど
忍耐強く子供とコミュニケーションをとることが大切だと考えています。

声かけだけではなく、ぜひ対話をしてください。
これでブログをおわりにしたいと思います。

最後にひとつお知らせがあります。
先日、小学校受験のセミナーを開催し、無事に終了することができました。

公立、国立、私立小学校の差について、
幼児期についての話から、小学校受験と中学校受験の違いまで
幅広くお伝えしました。
参加された方々からも色々とお話を聞くことができ
中身の濃い時間となりました。

このセミナーですが、何名かのかたから
「予定が合わなくて参加できなかったのでぜひ3月にも開催してほしい」
という声が寄せられましたので3月にも2回開催することにしました。

今回は土曜日に加え、平日金曜日の夜にも開催をします。
ご都合の良い方を選んでいただき、ぜひご参加いただければと思います。

詳細は下記のリンクよりご確認ください。

【セミナー】2017年3月18日,31日 開催決定【受付中】
西荻フレンドリースクール,セミナー,幼児教室

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お知らせ
1.体験授業受付中
体験募集
西荻フレンドリースクール
小学校受験100%合格コース(体験授業受付中)
↑クリックで申込みフォームへ移動します。

体験授業対応コース
年長クラス(定員まで若干名受付中)・年中クラス・年少クラス・なかよしクラス(1歳6か月から)
注:2016年度年長は申込多数の為、早めに募集終了となる可能性が非常に高いです。

2.電子書籍のご案内
小学校受験100%合格法
2014年10月第2版発行

電子書籍告知ページ

【画像クリックで詳細ページに移動します】

第1部 ~理論編~

第1章.なぜ、小学校受験が必要なのか?
第2章.国立・私立小学校と公立校の違いは何か?
第3章.小学校受験の現状は?
第4章.自力で小学校受験合格は可能なのか?
第5章.保育園に通っている子は、小学校受験に不利なのか?
第6章.小学校受験に合格するための4つのポイントとは?
第7章.小学校受験専門・幼児教室の現状とは?

 

第2部 ~準備・実践編~

第1章. 私立国立小学校の問題と出題方法について
第2章.市販されている教材について
第3章.志望校の選び方
第4章.写真について
第5章.願書について
第6章.受験時の服装について
第7章.面接について

第3部 ~応用・実践編~

第1章.受験期間中の勉強法
第2章.合否の伝え方
第3章.合格後の過ごし方

無料レポート、第1版に大幅加筆!!
この電子書籍にはフレンドリースクールの幼児教育に関する
考え方、小学校受験にまつわる様々な情報を
全3部でまとめ上げました。

小学校受験では「合格」を手にするためだけに
時間を過ごすのではなく、
「合格」し小学校に入学後、
楽しく6年間を過ごすこと、
そしてその後も力強く生きていくための生きる力を
身に付けることが本当に大切なことだと思います。

kindleアプリがあればスマートフォンでもiPhoneでも、
手軽に見ることができますので
ぜひごらんください。
2015年よりPC,macでも利用可能となりました!
——————————————

無料レポート
「小学校受験100%合格法」~開校以来24年間全員合格の秘訣~
西荻フレンドリースクールが毎年100%の合格率を保つための
教育方法や勉強方法、また現在の幼児教育、小学校受験の実態などを
余すところ無くまとめました。どなたでもダウンロードできますので、
是非ご覧ください。

「小学校受験100%合格法」無料ダウンロードはこちらから

追伸1:小学校受験コースの詳細情報は、こちらをご覧下さい。
小学校受験100%合格に関するノウハウを公開しています。
今年も全員合格したので、100%合格継続中です!
※幼児のお迎え、最大21時までのお預かりも可能なので
共稼ぎのご家庭でも安心して小学校受験の準備を進めることができます。

西荻フレンドリースクールの詳細についてはこちらから

追伸2:心の英才教育で小学校受験に100%合格させる極意
というメルマガを発行しています。2歳から6歳の子供を持つ
親御さんにとってお役に立てる情報を発信していますので
もし宜しければ、読者登録をお願い致します。

心の英才教育のメルマガはこちらから

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


何か具体的に聞きたい質問や悩み・不安などがありましたら

info@friendly-school.com

まで、ご連絡ください。

もちろん、匿名でも大丈夫です。

すべての質問、悩み、不安などに対して個別に
回答できないかも知れませんが、確実に読んで、
このブログのテーマとして取り上げ、あなたの
悩み・不安などを解決して行きたいと思います。

※ご連絡頂いた内容は、このブログのテーマとして
取り上げ、読者の方へシェアさせて頂く可能性もありますが
必ず匿名とし、個人が特定できないよう配慮致します。

西荻フレンドリースクール公式ホームページ
FriendlyNewHp
年中・年少クラス若干名募集中
問い合わせバナー
【体験授業のお問い合わせはこちら】

小学校受験100%合格コースはこちら

幼児教育コンサルタントブログ ”幼児教育支援.com”

twitter
twitter

Facebook
facebook2
facebook1

電子書籍・Kindle「小学校受験100%合格法」(amazon・Kindleにて発売中)
小学校受験100%合格法(amazonkindle)
第2版好評発売中

幼児教育100%合格研究会

空間認識力を高める「ロボット教室」

フレンドリースクール公式 子育て応援ラジオTakeOff
iPhone/スマートフォンでもご視聴いただけます。
(フレンドリースクール講師が「子育て」の話題を中心にお話しします。)
子育て応援ラジオTakeoff,friendlyschool
appstore ファミリー/キッズカテゴリー
番組ホームページ http://friendly-school.com/podcast/

フレンドリースクールがお届けする小学校受験専門メールマガジン

上記フォームから登録可能です。

問い合わせ先(西荻フレンドリースクール)
Mail info@friendly-school.com
電話 03-3390-0750

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(塾・指導・勉強法)へ